FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

避け入り込んだもの

 何度もなじられ、何度も痣をつけられ、私は泣きわめき、その人へ這いつくばり、何度も足をさすっては、唾液と涙をこすりつけた。
 その人は私を痛めつける時いつも悲しそうだった。
 手の平で真っ赤な痕を肌につけるときも、鞭をふるいぶっている時も、ふと見上げて、そこにあった瞳は悲しみを帯びていた。
 何故。
 私を痛めつけるのが悲しいのだろうか。
 私の性癖にわざと合わせている苦痛からだろうか。
 それとも、こんな私を哀れんでいるのか。
 何一つ理解できず、でも、ふるわれる手には躊躇も加減もなく、私自身壊れてしまうのではないかと思うほどだった。
 矛盾した力と、あなたの瞳。
 首輪につなげられた鎖をぐいと引かれ、喉を絞められながら後ろから突かれる。
 気が遠くなりそうな恍惚。
 窒息しそうな死との隣接。
 私が生きているからこそ感じる倒錯した快楽。
 私はどこに生きたいのかもわからない。
「お前は俺のことをどう思ってる」
 たった一度だけ聞かれたあの人の言葉に「あなたが死ぬ前に、私があなたを殺してやりたい」と答えた。
 誰にも殺させはしない。たとえ、自然死でも病気でも事故でも許さない。私が最後を決めたい。
「快楽を共有しているうちは愛など幻想だ」
 初めて会った時にあの人が言った言葉。私には「愛」など遠い言葉。それよりもあの人を憎みたい。快楽の中で、恍惚の中で、屈辱の中で、溺れそうなほどの高ぶりのなかで。
 教えてもらわなくても感じる。理屈よりももっと苦しげに、叩き潰された直後の断末魔の虫のように、吐き気がしそうなほどの気持ち悪さで私はあの人の足元で暴れまわっているのだ。
 ああ、乳房が張っています。反吐が出そうなほど求め狂いそう。
 携帯電話を手にし、あの人からもらったメールを何度も読み返して自慰をする。
 汁が溢れかえって酷いほど音を鳴らし始めて、泥酔状態で池に溺れたみたいにビチャビチャと。
 殺したい。殺したいのに。求めたくて苦しい。
 はしたないなんて言葉では表わせない、肉の塊を床にブチャブチャと笑みを浮かべながら叩きつけているみたい。
 私どんな女になっちゃったの。こんな女じゃなかったのに。
 何度も頭の中で反芻しながら、食い込んだ指が何度も受けたあの人の傷痕を呼び覚まし、私を酩酊させる。
「いい。いい。いいの。ください。ください。もっと。もっと」
 頭の狂った女だ。
 冷静に見れる自分がいるのに、どうして。
 ああ、好きなの? これが、愛なの? そんなのわからない。好きも愛もどうでもいい。
 私には、あの人がいなくなれば、私の中のすべてが消える。
 ぐっと入り込んだ指が、広がる気持ちを真っ白く消していった。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

02/18のツイートまとめ

KamuiKimizuki

『小悪魔の目覚め』 http://t.co/Mk91mB0x ちょっと前にリクエストを受けまして書き終わりました。初めて不倫に踏み出す既婚女性のためらい、紳士的にリードしていく男性を拒みきれず苛まされながらも愛撫に身を任せていく女性を官能的に描いてくださいとのことでした。
02-18 20:59

小悪魔の目覚め

 乳房の上を玉となった水滴が緩い弧を描き伝い落ちていく。
 まだ若々しく張りのある肌はうっすらと香油を塗ったように香りを放っている。
 鼓動が体の熱を積み重ね、塗れた体を蒸発させそうだった。
「もっと楽にしていいんだよ」
――ついにここまで来ちゃった。
 相手の駿は同じ既婚者で美桜(みお)より九歳年上で四十を過ぎていた。
 飛行機で二時間もかかるほど遠く滅多に会う機会などないと美桜は思っていたが、たまたま駿の出張の予定が都合よく近くになり、会うこととなった。
 最初はネットのミニブログでの出会いで、たまたまアップした素足の写真を誉めてくれたのが始まりだった。そしてメッセンジャーで話すようになり、互いに日常生活の報告や雑談が主だったが、ひょんな会話から「僕は君に会いたいと心から思っているよ。君は素敵な女性だからね」と言われ胸がときめいた。
 そこから少しずつ性的な話も交えながら打ち解けて話すようになったが、遠方であることも含め、仕事もあり子供もいる美桜にとって妄想だけが膨らんでいく存在だった。
 夜な夜なパソコンに向かいちょっとした背徳感と刺激的な内容に蛍光灯の明かりの下、素肌を少しだけ晒すこともあった。肌を滑る自らの指が心地よくも雌の情動を少しずつ掻き立てていくようだった。
 初めて会った印象は会う前と比べ崩れることはなかった。
 美桜は少しほっとしたと同時に幾たびか自らの指で想像した彼の肉体を思って頬を赤くさせた。
 丁寧に挨拶をした駿はあまり馴染みのない土地であるにも関わらず穴場のレストランを予約してくれていた。美桜がよく通る場所で、路地に入ったところにあるイタリアンのレストランだったが今まで気がつくことはなかった。
「よくこんなところ知ってたね。私結構近く通るけどぜんぜん知らなかった」
「ああ、会社の知り合いが教えてくれたんだよ」
 家族には「友達と遊んでくる」と言って美桜は出てきた。特にうるさいことを言わず自由にさせてくれるので日常での気持ちはずいぶん楽だったが、今回はさすがに男と食事をしてくるとは言えず、騙したようで罪悪感があった。 レストランのテーブルの椅子を駿に引かれエスコートされる気分は心地よく、かといって椅子に座り駿を目の前にすると、家族のことも同時に意識してしまい自分が此処にいていいいのだろうかという心の暗雲は晴れることはなかった。
 何度か抱かれることを想像した人間を目の前にするのは少し恥ずかしい。それよりも彼は私のことをどう思っているのだろうか。理想通りだっただろうか、それとも好みの女ではなかっただろうか。
 普段はメッセンジャーであれほどしゃべっていたが、不安と緊張で美桜から話し出すには勇気が必要だった。その不安を駿はときほぐしていくようだった。
 会話はセクシャルな話題やプライベートにずかずかと踏み込んでくるようなことは一切無く、ユーモアを交えた雑談だった。
 ふと駿が見つめてくるのに気がつき目が合うと、駿はふと目をそらした。
「え? どうかしたの?」
 美桜はもしかしたら自分の容姿が好みに合わなかったのではないかと勘ぐった。
「いや、こうして間近で改めて見ると、写真で見るより断然綺麗だなと思って」
 と駿は少し顔を赤らめた。
 シャイなところもあるのかと愛しく感じた美桜はますます駿のことを意識し、内心嫌われたわけではなかったとほっとした。
「お世辞でも嬉しいです」
「お世辞なんてとんでもない。お世辞が言えるほど生半可な気持ちじゃないからね」
 美桜の胸がドンと打たれ熱くなった。
――それって、本気だってことだよね。
 料理はアンティパスト、つまり前菜にさしかかりワインもまだ一口二口しか飲んでいないのに美桜は久しく感じたことのないときめきに熱く酔い飲まれていきそうだった。
 駿と過ごす時間が楽しく、このまま帰りたくないという気持ちが膨れ上がり、店を出る頃には離れたくないとさえ思った。
 店の外に出たとき、外気を浴びて寂しいと感じた。温もりに浸りたい。しかし楽しかった時間で忘れかけていた家庭のことも気にかかる。
 この場所が分かれ道。背に受けるレストランの光が切なく感じる。
 もうここで今日という時間は終わってしまうのか、と。
「このまま美桜と別れたくはない。俺は君のことが好きだ。もう少し一緒にいてくれるかい?」
 ハッと伏し目がちになった瞳をあげると駿の真剣な顔があった。
「あっ……」
 言葉に詰まり息苦しくなる。答え一つで全てが決まってしまう。一度この人に抱かれてしまえば今までの何かはきっと壊れてしまうであろうことはわかる。でもきゅっと締め付けるような胸の甘さと誘惑に浸り、久しく感じていなかった「女」であることにもう一度戻りたい。
「俺じゃ、だめかい?」
 美桜の迷いに不安になったのか駿は視線をはずさず聞いてきた。
「あ、はい。私で、よければ」
 答えてしまったものの、どうしていいかわからなかった。自ら男を求めていくほどの大胆な女でもない。平凡に、夫との恋愛の熱は冷めたものの仲はよく暮らしてきた。背徳の道へ一歩入っていく返事をしたことに戸惑っていた。
 ホテルへは迷うことなく着いた。駿もこうなることを想像して下調べしていたのだろうか。美桜も期待していなかったといえば嘘になることはわかっていた。
 部屋は後三つしか空いていないのを見て美桜は「こんなに混むものなんだ」と興味がわいた。みんなそれぞれの部屋で思い思いのセックスを楽しんでいるのだろうか。想像するだけで恥ずかしいような、しかしここまで来てしまってもう引き返せないことが家族への背信になるのではないかと、踏み進めれば進めるほど両極端な気持ちがせめぎあっている。
 部屋はウッド調の落ち着く部屋だった。証明も薄い暖色であたたかい。
 駿がネクタイを外し背広を脱ぐと美桜は緊張した。
「大丈夫。不安だったらこのまま話だけして帰ろう。それだけでも楽しいんだ」
「え? そんな……」
 自分だって抱かれたい。その気持ちを伝えることが恥ずかしい。今でも胸が爆音を奏でている。ダブルベッドの上に座り、このまま話だけして帰ったら女として魅力がないと思われたようで少しだけ悲しい。
 美桜の白く細い指先が膝の上で固く曲げられた。
 駿は横に座り美桜の手に手のひらを重ねてきた。
 ゆるやかに振り向いた美桜の顎を手に取り、唇は重なる。
 最初は軽い口づけ。美桜の瞳が思わず潤む。
 ぽっかりと不安げに開いた美桜の唇に駿はするりと舌を差し込んでくる。
 久しくしていなかった濃厚な口づけ。絡み合い、解かれまいと吸い合う。体が上気してくるのがわかる。
 口づけの後、美桜の呼吸は既に乱れていた。
 もっとしていたかったが、おねだりすることも恥ずかしくてできない。
「一緒にシャワー、浴びようか」
 と駿に優しく手を取られ、美桜は涙の出そうな瞳で頷いた。
「脱ぐところを、見ていてもいいかい?」
 駿の申し出に断ることもできず、顔を赤らめながら一枚一枚脱ぎだす。
 夫以外の男の目の前で素肌をさらす。
 この行為が、妻であることを一枚一枚脱ぎ去り、女へと戻る儀式のようにも思えてくる。
 ブラジャーを外し、乳房を晒す。ショーツを片足から脱ぎ取り、床へと落とす。
 白くすらりと伸びた手足が震えそうで強張る。鼓動で小ぶりの胸が震え、一本線を引いたようなへそが呼吸で上下している。
 恥ずかしくなり、胸とアンダーヘアを手で隠し、視線を落とすと脱ぎ落とした下着が見える。
 それは「妻」であることを守ってきた象徴にも見えた。
「綺麗だよ。まるで二十代前半の肌のようだよ。とてもその年には見えない。君は本当に綺麗だ」
 駿の言葉で磨かれ、余計に綺麗になるような気持ちがした美桜は嬉しさを隠し切れずに微笑んだ。
 駿も早々と美桜の前で服を脱ぐ。
 何度も想像した体。無駄な贅肉があまりついていない美桜好みの体だった。
 手を伸ばして触れてしまいたい衝動を抑えながら、手を引かれシャワールームへと入る。
「洗ってあげるよ」
 駿の声と共に水がタイルを打つ音が鳴り響く。むっとした湯気が立ち上り、蒸気を吸い込んだ美桜は自分の呼吸が湯気で乱れているのか、緊張で乱れているのかわからなくなってくる。
「もっと楽にしていいんだよ」
――ついにここまで来ちゃった。
 美桜は張り裂けそうな胸の痛みに立ちくらみがし、駿の胸に寄り添うように倒れこんだ。
 流れるシャワーを見ながら「いくつの水玉が出ては落ちていっているのだろう」とぼんやり感じた。美桜の体にボディーソープのつけられた駿の手が触れていく。
 滑りながら触れる感触にもう喘ぎ声が漏れそうで堪えた。
 何年も男と一緒に風呂など入ったことなどなかった。ましてや子供ができてからは機会など作りづらい。
――夫以外の人に……
 わかっていても逆らう気持ちなど消えうせていた。
 震えるような肌の感触に腰が勝手にくねり駿の首筋に荒い息を吹きかける。
 少しずつ胸の奥が荒くざわめいてくるのを感じ、駿の首筋を舐め上げた。
 背中越しから胸を洗われ、胸の上を駿の手が滑って乳首を擦ると「はあん」と愉悦混じりに喘いでしまう。
 駿の手が降りていくと美桜は「自分で……」と恥じらいから静止しようとしたが、ソープのせいで閉じた足の抵抗もささやかだった。
 すっと割れ目をなぞり、指が入り口に入りかけると腰が震えた。
「あまり、なぞっちゃダメです」
 かわいげのある甘い声を発しながら駿に抱かれ、下の割れ目を優しくなぞられる。
 敏感な突起を指で何度もなぞられ、美桜は逝きそうになる。
「ここじゃ、ダメ。お願い……」
 このまま逝かされて、心乱れたまま全てが終わってしまうのが嫌だと感じた美桜はバスルームから出てベッドに行くことを催促した。
 体を拭き終わった美桜は心を落ち着けようとした。
 このままリードされてしまっては、感じるものもすべて感じられないのではと思った。
――胸の鼓動が止まらない。こんなの、初めて……
 恋にも似た背徳の刻み。刺激的な部屋の空気が美桜の全身を打つようだった。
 鼓動で震える美桜の体を駿は抱きしめる。
 胸の中で、疼いてたまらないことに美桜は初めて気がついた。
 胸の嵐が収まるように思い切り散らされたいと思った美桜は強く抱きしめ返した。
 駿の舌が耳たぶをしゃぶり、首筋を伝い乳輪をなぞると美桜の体から力が抜ける。
 抱かれながらベッドに倒されると、駿は美桜の内股を舐めあげてくる。
 先ほど指で刺激されたせいだろうか、直接舐められなくても舐められたように感じ、声を高ぶらせていた。
 お願い早く舐めて、などとはしたない言葉は出せない代わりに心の中で叫んだ。
 まるで湖面にたゆたう木の葉のように体が浮いているようで、少しでも気を緩めると我を忘れ沈んでいきそうなほど気持ちが良かった。
 駿の手が美桜の股を開くと美桜の白い素足は淡い光を滑らせていくように妖しく光った。
――ごめんなさい。私、悪い女です。
 誰にでもなく、美桜は自分に言い聞かせるように心の中でつぶやいた。
 駿の舌が美桜の割れ目をなぞりだすと、美桜はもう何も考えなかった。ただ、今感じる快楽に身を任せ、本能のまま、時に溺れていこうと感じると声が自然と漏れ出した。
 久しく感じたことのない悦楽の震えが美桜を包みだす。ざらついた舌が割れ目についた敏感な突起を擦り痺れる。
「あ、ああ、いいです。いいのっ!」
 白い肌にうっすらと光沢が浮かんでくる。女の匂いと汁を散らしながら、もだえる。
「もう入れて。欲しいの。お願い」
 我慢できなくなった美桜が懇願すると駿はベッド脇にあったコンドームを早々とつけ、美桜の奥へと挿入する。
 入ってくる感触。甘く痺れてゆく。その後は揺さぶられ掻き混ぜられ、わからなくなりそうなほど乱れ声を上げる。
「綺麗だよ。君はとても綺麗だ。好きだよ美桜」
 駿の声に答えようとするが息苦しく、喘ぐことしかできなかった。
 駿に抱かれ、逝かされてしまう。止めないで、狂わせて。
 暴れ狂う獣が美桜の胸の中で吠えるようで、理性を噛み千切り溶かしていく。
 小ぶりの乳房からツンと張り詰めた乳首を吸われると、美桜自身聞いたことのないような喘ぎ声と共に体がのけぞった。
 駿の硬い雄肉が美桜の奥まで届くようで、突かれる度に渦を巻いて昇り上がってくる快楽にとりつかれていく。
 女に戻って男を受け入れ、セックスを悦んでいる。
 充実した、締め付けられるような快楽。
 まるで全て忘れ去って生まれ変わるかのような時間。上り詰めてくる。体が強張り、もうすぐ逝きそうなのがわかる。
「美桜。俺もう逝くよ」
「私も。お願い一緒に……逝くっ、いくいくぅーん!」
 美桜の膣の中で駿の肉が躍動しているのがわかる。
 駿が美桜の髪を優しく撫で口付けをしてくると、美桜は迷うことなく首に手を回して抱きつき舌を絡めた。
 口付けし終わると美桜は呼吸を整えながら駿を見つめた。
 駿は優しげな瞳で美桜を見つめる。
 美桜は別のことを思っていた。
――この人は、私を愛してくれるだろうか。
「好きだよ。美桜」
 駿の言葉は嬉しさと共に染みてくる。
 美桜は「はい」とだけ答えた。
 もうすぐ終電も近い。シンデレラでいられる時間は終わろうとしていた。それ以上遅く帰るとさすがに心配される
「今日は会ってくれてありがとう。本当に君でよかったよ」
「私も駿さんでよかった」
 裸のまま駿の胸に寄り添う。
「また会ってくれるかな?」
「私でよければ」
 罪悪感が全て消えたわけではなかった。だが、女として潤っていたい衝動は抑えきれない。
 小さな悪魔が目覚め、乳を欲するように美桜の心に犬歯を立てて離れまいとしていた。
 忍ぶ恋。いつかは終る恋。刺激的な悦楽の刹那。
 今日は抱かれたことを思い出すだろう、と美桜は思った。
 駅まで送ってくれた駿に手を振り改札で別れる。
 いつまでも見送ってくれる駿に嬉しさを覚えた。
 終電の中で美桜は暗闇の中次々と流れゆく建物の電気の光りを見ながら思った。
 あの時、好きだと言わなくてよかった。もう少しだけ大事に取っておこう。
 一人、まだ残る体の余韻を感じながら子悪魔は微笑み、また会えたらいいな、とエンゲージリングがはまった白く細長い指先を見つめた。

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

02/15のツイートまとめ

KamuiKimizuki

愛もまた生き物なのだなと感じるのです。傷つき再生をし積み重なったり削れたり、だんだんと歪な形になっていく。それがその人の愛の形になり相手に届けられる。無垢で整いすぎたウブな愛情が永遠にその形を留めておくなど幻想に近いものがあるのだと。そして愛とは他者の存在があり輝くのだと。
02-15 02:40

02/11のツイートまとめ

KamuiKimizuki

文:「蛇は食らいついたら離さないからね」女は深々と吸い付いた。女の甘えは日々強くなると同時に性にも技巧が深まっていく。男は女を離したくないと思うようになる。女は体をくねらせ上下の穴を使い絞り上げるように男に食らいつく。「私ね、幸せになりたいの」男は頷き「もっとしてくれ」と叫んだ。
02-11 00:23

プロフィール
ランキング応援してね。

貴美月カムイ

Author:貴美月カムイ
性別:♂

本館URL:





無料コミュニティNOEL






最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
132569位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
1514位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。