FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大丈夫

「大丈夫」
 口癖みたいに、頼りない魔法のように。
「大丈夫」
 本当は全然大丈夫じゃないのに。
 人を好きになって苦しんで、あなたは本当の私が泣いているのを知らなくて。
「大丈夫」
「大丈夫」
 乳房に口付けをするあなたの唇が私のことだけを紡ぎだしていけばいいのにと、まるで少女みたいな気持ちになって、あなたのことをもっと理解しなきゃと、あなたに頼るよりも頼られたい一瞬のために強がって、恋をする苦しさと、恋を失ったときの毎日の色あせた世界への耐えられなさと、難しくなって、こんがらがって、壊れそうになって、少しだけあなたに手を伸ばして「なんでもない」なんて、最後に強がって、壊れて、毎日涙が止まらなくなって、笑顔が消えた。
「大丈夫」
 もう壊れたプレーヤーみたいに繰り返すようになってしまった。
 笑顔を取り戻したくて、まるで汚泥に沈んでいくみたい。もうここは深い沼の底。
 あなたの熱い肉を受け入れて満ちて広がって風船のように弾け何度も突き上げられる淫靡な反動をお腹の奥にまで滲ませる怠惰な慟哭。私の声を何度も届け、あなたは聞く。あなたの息遣いを室内音楽にして、もっと深い音を聞いて、あなたの肉が私を奏でて香りが満ちて、もっとあなたの鎖で私を縛り付けてと首を振りながら乱れる腐乱の性。
 瞳を向けてもあなたは潤んで見えて、痛めつけてくるあなたの手と指が、私の肉をひねりあげ、うっ血した痕を残し、私は濡らし、あなたの欲望を受け入れ、肉を欲しい、欲しい、欲しいと泣いて乱れる牝人形になる甘美な時間は、遠い、遠くて、手を伸ばしていたら、いつの間にか、そう、苦しくなってしまって、最後に仮面をつけたように。
「大丈夫」
「大丈夫」
「大丈夫」
 あなたへの向き合い方を探るよりも、自分との向き合い方を忘れてしまって、胸が痛くて、自分で乳房をつねり上げても、感じない、感じられない、私には必要なものがあって、感じられない、感じない、感じさせられない。だから、壊れてしまいそう。
 あなたと感じあった時間が遠くなりそうで怖い。だらしなく股を開いて受け入れた熱い肉の伝わる脈動が薄れていきそうで怖い。痛めつけられだらしなく汁を漏らし、はしたなく腫らせた牝の芯が、じんじんしていた突き抜けそうで留まっている感触が消えてしまいそうで怖い。私はいつの間にか、あなたと私の間を難しく考えすぎていて、わからなくなった。
「大丈夫」
 でも大丈夫じゃない。
 一時でもいい。ほんの少しだけ、一人の弱い女に戻って、イイデスカ?
 どこから来たのか行く先もわからない涙が消えるまでの間。

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

潤いの月

「お前を照らしてやる」と仰って下さった。
 月は太陽の光で美しく輝くものだ、と。
 居場所を失い、根すら土から引き抜かれ、枯れてしまうと絶望を感じていた私の土になって下さった。
 太陽のような大きな存在で冷えた心を温めて下さった。
 私は安心して根を下ろし、再び栄養を吸い、深深と呼吸をしだしている。
 暖かに照らして下さる貴方様のために大きな華を咲かせたい。貴方様にとって一輪の小さな華でも、貴方様がいて下さるからこそ美しく輝く華となったのです。
 その潤いは太ももを伝い、雫となって垂れ続けているのです。
 よく見てください。貴方様の前でははしたない奴隷です。「愛奴」と仰っていただいた喜びが溢れているのです。あれほど不安で落ち着かなかった私が貴方様の下ですがりつきたいほど焦がれているのです。
 どうか首輪をお付け下さい。外れない鎖で繋ぎ止め、身も心もきつく縛り付け、思う存分鞭でワガママな奴隷を調教して下さい。
 すべてを捧げ貴方様のものになるために、精一杯お慕いいたします。
 女という強欲を太く硬い男の業で貫きなぶり、元の私が少女に思えるほど遠くへ導いて下さい。私の汁で汚れた貴方様のものを、よいというまで清めさせていただきます。貴方様の愛情を一身に受け、懸命に縄も鞭も蝋もこの身に受け、どのような欲望であろうと、注ぎ込まれることを、今か今かと待ちきれずに妄想してしまう、躾のない奴隷なのです。
 このようなことを申し上げるのもおこがましいことではありますが私が心底愛していることを身をもって示していきます。
 今宵半月が美しく輝いております。まるで太陽の木から舞い散った一枚の葉っぱのようです。夜という太陽の裏側の世界に落ちた月の葉は美しい喜びの涙を、その身から溢れさせているのです。
 今貴方様の肉のぬくもりや熱さをこの身に感じ、貴方様と同じ景色と時間を過ごせる愛しさを思う存分噛み締め、汁をだらしなく何度も漏らしております。
 今宵は光の矢のように早く過ぎ去ってしまうことでしょう。

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

掻き分けてひとつに

 二人とも仕事が忙しく、なかなか彼と会える時間が取れなかったけれど二週間ぶりに仕事が終わってから会える時間が取れた。
 いつもはメールや電話とかでしかやり取りできなかった。いやらしいメールのやり取り。お互い、凄く飢えてて、欲しくなってて限界だった。毎日彼から「直子のまんこ舐めたい」とか「俺のちんぽ硬くなってて今すぐにでも入れたい」とか白昼堂々メールが来たりするものだから私も彼とのエッチを思い出して濡らしたりしていた。昼間のレストランで真面目な顔しながら「私もたくさんおちんちんしゃぶってあげるね」とか「おちんちんで奥までいっぱい突いて」とか返信打ったりする。ビジネススーツ姿の真面目そうな女性が携帯電話見ながら卑猥な言葉を並べ立ててヴァギナを濡らしているなんて誰が想像するだろう。
 夜になれば「早く入れて欲しい」と濡らしたヴァギナの写真を添付して彼を挑発する。白く濁った本気のラブジュースが絡みついたいやらしいヴァギナで。たくさんメールが返ってきて私はそれを見ながらオナニーする。早く本物が欲しいと我慢ができなくなってしまう。そんな二週間だった。
 待ち合わせ場所でドキドキしながら待つ。ひざまずいて彼のおちんちんをしゃぶりたい。たくさん突かれたい。真っ白になって壊れたい。バカみたいに欲しがってる。彼との言葉に興奮してたんじゃなくて、彼としてきたことをずっと思い浮かべてた。彼の重さが膣の奥までズンズン来る感触がたまらない。好きでたまらなかった。
 待ち合わせ場所に彼の車が来て、ドライブする。夜景の見える海辺の港から街を見る。二週間経つと、もう風が夏から秋の涼しさを連れてきていて、少し肌寒かった。
「急に寒くなったね」と夜景を見ながら彼へと寄り添っていく。奪われた体温を埋めていって欲しい。熱く、深く。
 夜景を見ながらすぐ横にある彼の指へ指を絡めていく。ふっと彼を見ると視線が合う。唇が近づき舌が絡んでいく。舌を吸われ、吸い返す。彼も負けじと吸い返してくる。ねっとりと流れ込んでくる欲望があなたを欲しがる入り口を濡らす。彼の息が荒くなってくる。わかってる。いいよ。私もだから。
 だんだん待ちきれなくなり「場所、変えたいな」と言う。部屋に入ったらたくさんキスをしたい。彼の全身に、熱くなった愛しいペニスに。
 アクセルを踏み込みたい衝動をきっと彼は抑えてる。私も運転中の彼のペニスをしゃぶりあげたい気分になってきている。もうショーツは染みですごいことになってる。
 ホテルの部屋に入るなり二人とも凄い勢いで脱がしていく。いらない。こんなもの、いらない。熱が欲しい、匂いが欲しい、肉が欲しい、その欲望を叩きつけて、そう、これがいい、彼がいい。
 愛しているとか、好きだとか、野暮ったいクッションを一言でも漏らせばバカみたいに白々しくなる。言葉で分かり合えないものを子供みたいに出し合って、動物みたいに野性的になって、もう彼の指は私のラブジュースを掻き分けて、ヴァギナの中をクロールしていた。
 乳首が痛いくらい張り詰めて、彼がそれを吸う。歯を立てて噛みながら強く吸って、ぞわぞわと毛が逆立っていくような快感に軽く逝ってしまう。
 ガクガクと膝から崩れ落ちそうになり力が抜ける。脱いだ時からそそり立っていた彼の愛しいペニス。彼の匂いがいやらしいほどする。むせ返るような強い匂いでも胸が締め付けられる。食べたいんじゃない。入れたい。この口を犯して。喉の奥まで入れて。カリ首を唇で挟みながら舌先で細かく舐める。横にも唇を這わせ、舌で笛を吹くように舐めあげる。鈴口の周りをねちゃねちゃと舐めまわし、じゅぽじゅぽと音を立てて吸い上げる。その時に舌を伸ばしながらチロチロと舐めあげると彼は思わず声をあげる。弱いところ全部知ってる。全部。
 我慢できなくなってベッドに倒される。そのまま彼が馬乗りになってきて荒々しく入れられる。ぐしょぐしょになって太ももまで垂れてたラブジュースが潤滑油になって奥まで抵抗なく入っていく。手の上を滑っていくゼリーみたいに、つるんと入り奥をノックする。
 そんな優しいノックじゃ私は足りなくて「もっと、お願いもっと強くして!壊して。おまんこいいの!」と叫んでいた。嬉しそうで、ぎらついた彼の目が牝を犯すような獣の瞳になっていて、私は彼を満たす肉として機能する。
 嬉しい、愛しい、辛い、悲しい、痛い、何かすべての感情がドロドロになって体の中で溶けている。私は彼のペニスで、ただの思念になる。単純な、ある一つの淫らな思念に。その純粋な気持ちが芽生えるごとに、彼との間に何もなくなるのを感じる。社会的なものも、性別的な考え方の違いも、生まれて過ごしてきた時間の違いも。
 二つの別々の体が繋がりあって一つになっている。何一つ挟んでいるものがなくて空気も光も音も感触もすべて一つになっていくような感覚になる。
 ラブジュースが溢れて音が聞こえる。彼の硬く興奮しきったペニスの音なのか、それとも私の嬉しがってるヴァギナの音なのか、何がなんだかわからない。叫びあって喘ぎあって私は勝手に叫んでる。
「ちんぽいいの。もっと、ちんぽちょうだい」
 自分の声がまるで近いけど遠くから聞こえてくるみたい。浮き上がっていく。腰が持ち上げられる。ペニスに引っ張られる。動いちゃう。体の中が変になっていく。真っ白に、死んじゃう。もう、逝っちゃう。逝っちゃう。逝く。
 気を失って目覚めると深夜だった。彼は横で私の寝顔を見ていたみたい。目があってキスをする。
「毛布、かけてくれてありがとう」
 いつものこと。でも、たいしたことなくても言いたくなる。ありがとう。
 生まれ変わったみたいにベッドの上で深呼吸をする。彼の匂いがして、彼にキスをする。
「ねえ」
 私は彼に意地悪を言う。
「もし今日で永遠に会えなくなったらどうする?」
 彼は別に表情も変えない。「さあ、どうだろう」と即答し、続ける。
「もしそうなったとしても、お互いの心の中に残るものがあれば、それが絆だろ」
 そうだったね。ありがとう。つまらないにいつもしっかり答えてくれて本当にありがとう。
「ねえ」
 私は彼に甘えながら言う。
「今度はさ、旅行の計画立てよう、ね」
 きっと、私はずっとこうして彼を困らせる。

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

黒猫

万華鏡のような模様



どんな模様だったかも

覚えていないのに

覗いているときは

綺麗だと思ってしまう



あなたの大好きなところ

たくさん思い出したいのに

傷つけてしまったことばかり

思い出して悲しくなる



夜空の中に

あたしみたいな黒猫が

そっと歩いていても

あなたはちゃんと

見つけてくれますか?



寂しがりなのに

強がって

一人で苦しみを

背負いたいくらいなのに

横に寝ている

あなたの手を

探してしまう



今日が最後だなんて

思いたくもないけれど

今日が最後みたいに

あなたと過ごせたら

あたしは

あなたに

どれだけのことを

してあげられるのだろう



舐めあう肌は

あたし色になればいい

消えそうなほど

大きな快楽で

あなたの背に立てた

何本もの赤い爪痕は

ずっと残ればいい



星さえも消えそうなほど

明るい人口灯の世界の中で

確かに感じるあなたの灼熱が

あたしだけを燃やせばいい



舐めあげる

あなたが硬くとろけて

舐められる

あたしが柔らかく開く

したたるものを

吸い合って

あふれるものを

こぼし合う



あふれきった後に

あなたを乳房に抱くと

あたしのまだ硬い乳首を

口に含んで優しく吸う



本当は

壊れるほど

抱き締め返して欲しい

ぎゅっと強く



万華鏡のような模様

どんな模様かも

覚えていないけれど

でも

確かに美しいもの




HPメニューへ

女の衝動

星が夜空を引っ掻いて
降り注ぐ光は微かに漏れ
るららるら
夜に染みる楽しい歌が
にわかに響く

連れて来られたバーで
れっど・らいおんを飲み
去っていく理性の中で
らしさすらも飛び去って
れんにゅうみたいなキス
たべられた唇
いんらくに溺れたくなる

銀色の冷たい世界に
河のような車のライト
のんびり待てなくなって
果実は濡れ始める
てを引いて車に乗り
また中でキスを始める
でもホテルはまだ

一途に愛したあなた
諸は赤く小指に繋がる
にこりと笑いあって
行動の行く先はひとつ
きれいに洗いあおう
たっぷりこの体で
いかせたいの

生まれたままの姿で
またの奥にある
れんげの花を舐めて
変わり果てるくらいに
わたしがとろけるほど
れいようを乱して
たとえようもないほど
とおくの星空まで
しょうどうを燃やして
てづかみにして
もうあふれてしまいたい

また逝ったとしても
たたせて奥まで入れたい

あしたなんていらない
なかをたくさん乱して
たとえようもない輝き
を空まで届くぐらい
愛に溺れて叫びたい
しんでもいいから
ただ
いっしょにいたい



HPメニューへ
プロフィール
ランキング応援してね。

貴美月カムイ

Author:貴美月カムイ
性別:♂

本館URL:





無料コミュニティNOEL






最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
180431位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
1960位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。