FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

避け入り込んだもの

 何度もなじられ、何度も痣をつけられ、私は泣きわめき、その人へ這いつくばり、何度も足をさすっては、唾液と涙をこすりつけた。
 その人は私を痛めつける時いつも悲しそうだった。
 手の平で真っ赤な痕を肌につけるときも、鞭をふるいぶっている時も、ふと見上げて、そこにあった瞳は悲しみを帯びていた。
 何故。
 私を痛めつけるのが悲しいのだろうか。
 私の性癖にわざと合わせている苦痛からだろうか。
 それとも、こんな私を哀れんでいるのか。
 何一つ理解できず、でも、ふるわれる手には躊躇も加減もなく、私自身壊れてしまうのではないかと思うほどだった。
 矛盾した力と、あなたの瞳。
 首輪につなげられた鎖をぐいと引かれ、喉を絞められながら後ろから突かれる。
 気が遠くなりそうな恍惚。
 窒息しそうな死との隣接。
 私が生きているからこそ感じる倒錯した快楽。
 私はどこに生きたいのかもわからない。
「お前は俺のことをどう思ってる」
 たった一度だけ聞かれたあの人の言葉に「あなたが死ぬ前に、私があなたを殺してやりたい」と答えた。
 誰にも殺させはしない。たとえ、自然死でも病気でも事故でも許さない。私が最後を決めたい。
「快楽を共有しているうちは愛など幻想だ」
 初めて会った時にあの人が言った言葉。私には「愛」など遠い言葉。それよりもあの人を憎みたい。快楽の中で、恍惚の中で、屈辱の中で、溺れそうなほどの高ぶりのなかで。
 教えてもらわなくても感じる。理屈よりももっと苦しげに、叩き潰された直後の断末魔の虫のように、吐き気がしそうなほどの気持ち悪さで私はあの人の足元で暴れまわっているのだ。
 ああ、乳房が張っています。反吐が出そうなほど求め狂いそう。
 携帯電話を手にし、あの人からもらったメールを何度も読み返して自慰をする。
 汁が溢れかえって酷いほど音を鳴らし始めて、泥酔状態で池に溺れたみたいにビチャビチャと。
 殺したい。殺したいのに。求めたくて苦しい。
 はしたないなんて言葉では表わせない、肉の塊を床にブチャブチャと笑みを浮かべながら叩きつけているみたい。
 私どんな女になっちゃったの。こんな女じゃなかったのに。
 何度も頭の中で反芻しながら、食い込んだ指が何度も受けたあの人の傷痕を呼び覚まし、私を酩酊させる。
「いい。いい。いいの。ください。ください。もっと。もっと」
 頭の狂った女だ。
 冷静に見れる自分がいるのに、どうして。
 ああ、好きなの? これが、愛なの? そんなのわからない。好きも愛もどうでもいい。
 私には、あの人がいなくなれば、私の中のすべてが消える。
 ぐっと入り込んだ指が、広がる気持ちを真っ白く消していった。
関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
ランキング応援してね。

貴美月カムイ

Author:貴美月カムイ
性別:♂

本館URL:





無料コミュニティNOEL






最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
72386位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
969位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。