FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気持ちは大事

気持ちは大事


 突然目の前に出されたプレゼントの箱に「何これ」と男は言ってしまった。
 不安そうに女は「これ、いつもお世話になってるから。お礼」と唇を噛んでいる。
「お世話しているつもりはない。別に気を遣うことないのに」
 男の言葉に女は悲しそうな顔をし出す。
「どうしたんだよ」
 男は気持ちを理解できずに悩む。
 男にとっては女がいつまでも傍にいてくれるような気持ちでいた。感謝が薄いわけではないがお礼をかしこまって言われるほど尽くしているような気はしないだけに、そこまですることはないと多少は思った。
 女は勇気を振り絞った。特に何かの記念日でもない。何でもない日。誕生日にも何かもらったことはない。会って、話をして、時折食事やお酒を飲んで、体を重ね合わせる。深くもなく、浅くもない。他人ではないが、恋人でもない。そんな関係。
 それでも女は好きだった。女なりに愛していた。
 男が箱を開けるとブランド物のハンカチ。持っている財布と同じブランドで合わせたことがわかった。
「ありがとう。そうか。よく見てるな」
 女の顔がようやくほぐれる。
「ごめんなさい。こんなことでしか、気持ちを表せれなくて。何かの形で伝えたかった」
「謝ることは何もないだろ。気持ちが大事だろ」
 男は自分で言いながら内心引っかかった。
ーーそうか。気持ちは大事だな。
 気持ちを伝えるのも、当たり前のやりとりの中では、なかなかできないものだなと思った。
 男が女の名前を呼ぶと「何?」と見つめてくる。
 何か言葉を言おうとすると何も出てこない。その代わり女の髪を撫でる。
ーーそんなものだよな。
 と、男は少し反省した。

 食事の後のいつも通りの夜の流れ。
 二人しかいない部屋。
 食事中から注意深く女を見ていた男は何度も「私、今日変かな」と心配そうな顔で聞かれた。
 ああ、きっと気にしているのだな、と男は思った。
「あのハンカチ大事に使うよ。本当にありがとう」
 重ねて礼を言ったとき、女の顔に嬉しさがぱっと浮かぶ。
「今日、優しいね」
 女に言われ、それほどいつもそっけなかっただろうか、と男は改めて考え直していた。
 部屋の中の女には不安と喜びと好意が渦巻いている。
 微細な襞の上をうっすら浮かんだ汗が滑り落ちては表情を香らせている。
 一見、いつも通りに服を脱ごうとするが内面には、いつもとは違う澱みが隠されている。
 男は長々と女を抱きしめた。脱衣もせずにきつく、がんじがらめにしてしまいそうなほど。
 女の中から少しずつ澱みが消えていき、涙がすっと流れる。

 いつもより燃えては溶ける女の肌に男は驚いていた。
ーー気持ちは、大事。
 男はその言葉を意識しながら、いつもより丁寧に女を感じさせようと肌を重ねていく。
 いつもより女の粘液が多いことに気がつく。
 男が貫く度に流れる涙の理由を聞かない代わりに、きっとそれは嬉し涙なのだと信じることにした。
 女の中には初めて充実した喜びが満ちていた。怖くてたまらなかった思いが、救われていった。
 何とも思われてないのかもしれない。いきなりプレゼントは迷惑かもしれない。
 言葉にできない恐怖にどうしていいかわからなくなりそうだった。
ーー気持ちが、大事。
 女は果てながら感じた。今は男の気持ちを感じる。勇気を振り絞ってよかったと心から思った。
 男は果てた後の女の茂みの奥を指で撫でる。
 いつもより多く絡みついた液を指で広げると糸を引く。
 こんなに濡れたこと、なかったよな、と思った。
 いつまでも濡れた指を見ている男に「恥ずかしいから止めて」と照れる。
 気持ち一つで、これだけ違ってくることを知った、二人の夜だった。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
ランキング応援してね。

貴美月カムイ

Author:貴美月カムイ
性別:♂

本館URL:





無料コミュニティNOEL






最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
180431位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
1960位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。