FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつかの、誰かの。これからの、誰かの。

 湿度が高まっていく。
 じとりと粘りつくように鼻の奥を臭いがつく。
 二人はどれだけの時間そうしていたのか。
 粘ついた液は混ざりあって声に消える音を立てている。
 短い夜を一つの拠り所に、街明かりに気にもならない月明かりの下で、偽りの言葉を吐き合う。
 それでもいい。だからいい。
 明日には何も残らないからこそ。

 日が明ければ互いの事情を背負って背を向け合う。
 部屋を出て他人となる。
 だからこそ今は。

 子供のころに何度も夢見ていた「永遠」という言葉など、現実にかき消されて。
 男は女の乳房に指を滑らせる。
 おとぎ話を耳の奥へと囁きながら、湿度に蒸らされた女のしなった体を抱き寄せる。

 汗の香りを味わおうと舌を這わし、記憶は別のものを呼び起こしている。
 これを「裏切り」と呼ぶのかどうかわからない。
 人の心は変わっていく。悲しいほどに、今も。

 ベッドのシーツは乱れ枯山水を描いている。
 水は女。山は男。
 湧水のように溢れ出させる女は浮いては沈む。
 男は源泉。
 女のほとばしりを受けて吸い込む男。湧かせるは清水か汚水か。

 燃えたぎる火山を手に持ち、女は柔らかな息吹で熱を加えていく。
 水の奥の揺らめきよりも深いぬめりとぬくもりの中で。
 女は踊る。悦楽の中で。
 ワルツのように優雅に。
 虚構のダンスを踊り、溺れて思考を遮る。

 獣はいずこ。口付けの紅は胸に落ちるか。
 傷を残したがる互いの命のみが掻きむしりあい、女は決別を胸に。
 男は家族を忘れるための刹那の手段として女を。

 いつかの、誰かの。
 これからの、誰かの。
関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
ランキング応援してね。

貴美月カムイ

Author:貴美月カムイ
性別:♂

本館URL:





無料コミュニティNOEL






最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
72386位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
969位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。