FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思いに染まる桜

 散った桜が指をすべり、また地を染めた。
 とある温泉宿から車で十分ほど走ると、林が開けて桜が一本だけあるのに気がつく。

 その桜にはとある言い伝えがあった。
 温泉宿の女将は忙しく立ち回っている。

 宿泊しに来た男の携帯電話のバイブレーターが本社からの着信を示す。
 同行するはずの社内の女性記者が遅れてくるので先に仕事をしていて欲しいとのことだった。
 桜には、不思議なことに不吉な話も、幸福な話もあり、男は民間伝承のような桜にまつわる話を聞こうと取材で来ていた。

 宿泊して三日目、男は美しい女性客がいることに気がついたが、女将は否定した。
 桜の逸話の中に、とある日にお願いすると、叶えてくれるというものがあった。
 どこにでもある、興味を引くための作り話だろうと男は思っていた。
 本社から連絡が来て、急な仕事ができて女性記者が行けなくなったので、一人で仕事をしていて欲しいと言われた。

 五日目の夜、男は夢を見た。
 月明かりに照らされた男の和室へ少女が忍び込んできて、うふふと笑いながら浴衣を脱いだ。
 金縛りにあったかのように男は動けなくなり、少女に男根をベルトで締め付けられて固定された。
 必死に男が叫んでも体は動かなかった。
 少女のまだあどけない体に男は何度も拒否をしたが、少女は男の全身を舐めまわし、尻の穴までも舌を入れて男を責めた。
 男根をきつく締めたベルトが、太く屹立して脈打つごとに食い込んできて痛いほど苦しかった。
 少女の性の技はとても子供のものとは思えず、男の体を知り尽くしていた。
 もしかしたら目の前の女は少女ではないのかもしれない。男が疑いを持つほど女は「知っていた。」
 少女は男の顔の上にまたがり、自らの艶めく花を開いて男に見せ付ける。
 その産毛すらも生えそろっていない小さな花に、とても男の荒れ狂う獣が入っていけるとは思わなかった。
 しかし少女は男の顔に股間を擦り付けてあえぎ、そのまま腰を滑り込ませて男の屹立するものへと花びらを下ろして包み込もうとした。
 最初はきつくて入らず、少女も苦痛にもだえながら無理にでも入れようとした。
 どこか、血の匂いがした。
 男はすでに射精したくなっていたが、ベルトがあるせいでできず、苦悶の表情を浮かべていた。
 男が射精したいことを少女に告げると「いいよ」と妖しくほほえみながら言った。
 その瞬間、部屋が真っ暗になり、誰の姿も見えなくなり、胸に何かを突きたてられたかのような激痛が走り、男は息を切らせ冷や汗を流しながら飛び起きた。

 六日目の夜、昨晩のこともあって寝付けず、少し夜風にでも当たろうかと思い部屋を出ると、ある部屋から薄明かりが漏れているのが見えた。
 男が覗くと、三日目に見た女性が白髪混じりの太った中年に裸のまま全身を縛られ、下半身の前と後ろの穴に一本ずつバイブを入れられ、部屋に何本か立てられているロウソクのひとつで、体に赤いロウを垂らされていた。
 部屋はロウソクの炎で生き物のように大きく揺れていた。
 男はまずいものを見たという背徳感から去ろうかと思ったが、ロウで全身に紅色の花を散らされたように染まった美しい女性に視線が釘付けになった。
 もう少しで顔がよく見えそうだとあれこれしているうちに、何かにぶつかりゴトリと音を立ててしまった。
 「誰だ!」と中年男が怒鳴ったので、男は外まで逃げ走ると、追いかけてきているようで、思いのほか長々と逃げることになった。
 気がつくと男の目の前には満開の桜の花が見えた。
 花びらが月の光のせいか、青白く見えた。
「私の処女を奪った責任」
 声のしたほうへと振り向くと、女がいた。
 男は妙なデジャビュを抱き、面影が重なり、はっと夢の中の少女を思い出した。
「あ、あれは夢…」
 男の言葉を女が遮る。
「私の処女を捧げたんだから」
「な、なんのことだ!し、知らないぞ」
 男は後ずさりし、尻込みしていたが、やがて桜の木が背に当たり逃げられなくなった。
 女は浴衣を脱いで艶やかで豊満な裸体を晒し、男の股間をまさぐった。
 もはや体は少女のものではなく、熟れた女そのものだった。
 女は口内へと男の雄々しく屹立したものを導きいれて、卑猥な音を立ててしゃぶりだした。
 男は女の強烈な色香に負け女の口内で射精するかと思ったが、逝く瞬間に口を離され外へと白い液を散らした。
 女の右頬に涙のように白濁した液が粘りついて垂れた。
「もう、満足したでしょ」
 女の言葉が終わる前に男は強烈な力で倒され、またたく間に手足を縛られ桜の木にくくりつけられた。
 見上げると先ほどの太った中年男の腹が見えた。
 腹が出すぎて顔が見えないほどだった。
「お父様。これでようやく一緒になれる」
 女が中年男に添うように寄りかかった。
「もうお前を離さんぞ」
 中年男の手には大きな斧が握られていた。
 男の視界は斧が首の辺りにめり込んだ後に、ありえない方向へと落ち、一瞬自分の体が見え、暗闇に閉ざされた。

 散った桜が指をすべり、また地を染めた。
 願い事を叶える血染めの桜。一つの命と、一つの願い事。
 散る鮮血が枝をすべり、また花を染めた。
 桜の木の傍で地面に落ちていた携帯電話のバイブレーターが鳴る。
 変わり果てた姿の男の彼女からだった。
 その電話をスーツ姿の女が拾い、出る。
「あ、もしもし。申し訳ございません。あいにく彼は取材のため、宿を離れておりまして。よいところなので、ぜひあなたにも来ていただきたいと先ほどおっしゃっていましたよ。私ですか?私は同じ会社の記者で…」
関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
ランキング応援してね。

貴美月カムイ

Author:貴美月カムイ
性別:♂

本館URL:





無料コミュニティNOEL






最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
71379位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
1080位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。